レアドライ生レーズンサンド。大粒でぎっしりしている=小高朋子撮影
レアドライ生レーズンサンド。大粒でぎっしりしている=小高朋子撮影

 果肉が柔らかくジューシーで、ジュワッと口の中で果汁があふれだす。葡萄屋kofuの「レアドライ生レーズン」(50グラムで540円)は、今までのレーズンの概念を覆す、一度食べたら忘れられない味だ。

甲府市・葡萄屋kofuの「レアドライ生レーズン」

 通常、レーズンの水分含有量は15%程度だが、レアドライ生レーズンは70〜80%で仕上げられている。そのため、生食用のブドウの食感に近く、乾燥させているのでうまみも凝縮され、香りも強い。こうしたレアな状態を保つのはとても難しいのだが、試行錯誤を重ねた結果、約2年の賞味期限を可能にした。まさに、奇跡のレーズンと言える。

 原料には山梨県産のピオーネ、ロザリオビアンコ、巨峰、藤稔、カベルネ・ソービニヨンなどを使っている。…

この記事は有料記事です。

残り1694文字(全文2024文字)

小高朋子

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
国道4号沿いのサービスエリア「Alzu」はサイ、カバ、インパラなどが放し飼いにされている人気スポット(写真は筆者撮影)

ヨハネスブルク「絶対に歩いてはいけない」地区を縦断

 ◇南アフリカ編(7) レソト王国入国に失敗したにもかかわらず、懲りもせず今度は、エスワティニ(旧スワジランド)の国境近くまで走っ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…

知ってトクするモバイルライフ
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影

ペイペイ再び「100億円キャンペーン」は小粒に還元

 ソフトバンクとヤフーが合弁で設立したQRコード決済事業者のペイペイが、総額100億円キャンペーンの第2弾を2月12日から始める。…

ニッポン金融ウラの裏
 

変革の時代に「動かない」言い訳を探す銀行の勘違い

 銀行が変革の時代を迎えていることはいまさら言うまでもない。しかし、そのような言葉がマスコミをにぎわしている割には、銀行業界で実際…