スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

「1000万円プレーヤーを目指せ」で、部下のやる気を引き出す

細川義洋 / ITコンサルタント

 今回は、部下の育成計画に夢や目標を盛り込み、部下のやる気を引き出す方法を紹介します。前回、図1のように、部下に「求めるレベル」を1〜5の5段階で設定することを紹介しました。

 前回同様、図2のエクセルシートを参考に読み進めてください。

 部下の力をレベル5に高めるには、対象のスキル以外にも、ビジネスパーソンとしての分析力や意思決定スキルを身につけてもらう必要があります。論理的思考法(ロジカルシンキング)や、樹木状のグラフでビジネス上の判断を支援する決定木分析手法、ゲーム理論に関する外部研修を受講するといった対応が考えられます。

 育成スケジュールが決まったら、外部研修やOJTをいつ行うか、OJTの育成担当者に誰を充てるのかを決…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1221文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。