決勝プレゼン大会後の懇親会の様子
決勝プレゼン大会後の懇親会の様子

スキル・キャリアシゴト勘が身につく15の方法

日立製作所が学生ビジネスコンテストを開催したワケ

羽田啓一郎 / マイナビ キャリアデザイン推進課長

 学生に自分のキャリアを考えるきっかけを与え、企業側にも「自社への関心を持つ母集団発掘」のメリットがあるコンテスト型の企業PR活動。前回に続き、日立製作所人事教育総務センタ採用グループの土屋紘治(つちや・こうじ)主任(37)に聞いた。

 ビジネスアイデアを競うコンテスト「企業プロジェクト」という場に学生を集める企業のメリットの一つは、就職活動が始まってから無理やり自分の将来を考える学生ではなく、主体的に何かの活動をしている学生と出会えることだ。

この記事は有料記事です。

残り1138文字(全文1361文字)

羽田啓一郎

羽田啓一郎

マイナビ キャリアデザイン推進課長

1979年神奈川県生まれ。2003年立命館大学を卒業後、毎日コミュニケーションズ(現マイナビ)に入社。就職情報サイト「マイナビ」を運営する就職情報事業部を経て、11年4月からキャリアデザイン推進課長。13年から「MY FUTURE CAMPUS」を主宰している。同志社女子大学嘱託講師も務める。