部下の育成、スキルアップは上司の最も大切な仕事の一つです。では、部下がどんな目標を持てば、退屈かもしれない研修にもやる気を出して臨み、積極的にスキルを高めるようになるのでしょうか。

部下のキャリア像を意識して目標を設定する

 研修やOJTも、部下にやる気がなければ計画通りには進みません。私自身、企業に勤めていたころに数々の研修を受けましたが、身が入らず寝ていたり、飽きて途中で抜け出してしまったりしたことが何度かあります。同じ研修を受けた同僚は、その研修の経験を現場で生かしていたのですから、問題は研修の内容ではなく、私自身の心にあったのでしょう。

 だからこそ、育成計画は、単にスキル習得だけを目的とするのではなく、スキルを持つことで達成できる夢、…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1524文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。