不正会計問題に関する記者会見で頭を下げる東芝の田中久雄社長(右手前から2人目)=2015年7月21日、望月亮一撮影
不正会計問題に関する記者会見で頭を下げる東芝の田中久雄社長(右手前から2人目)=2015年7月21日、望月亮一撮影

政治・経済東芝問題リポート

パワハラまがいの社長要求「死にものぐるいでやってくれ」

編集部

 取締役の半数が辞任する異例の事態に発展した東芝の不正会計問題。第三者委員会の調査報告書は、歴代3社長に業績悪化を激しく責められ、利益水増しに走った事業部門の幹部の姿を生々しく描いた。ブラック企業ではなく、経団連会長を輩出した名門企業のトップが、パワハラまがいの要求を繰り返していたことに衝撃が走っている。

この記事は有料記事です。

残り2268文字(全文2421文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz