IT・テクノロジー最適メディアライフ

いいケータイショップの選び方~“マイショップ”を持ちましょう

北俊一 / 野村総合研究所上席コンサルタント

 現代人の必須アイテムとなった携帯電話。その携帯電話の事業者(キャリアー)や機種、料金プランなどの選択以上に、実は重要なのがケータイショップ選びだ。今回は、いいケータイショップ選びのポイントをお伝えしたい。

 一口にケータイショップと言っても、(1)ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップなどのキャリアーショップ(2)家電量販店や流通大手(イオンやイトーヨーカ堂などのショッピングセンター、百貨店など)の携帯電話コーナー(3)街の一般併売店--がある。

この記事は有料記事です。

残り2113文字(全文2344文字)

北俊一

北俊一

野村総合研究所上席コンサルタント

1965年、横浜市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。90年株式会社野村総合研究所入社。四半世紀にわたり、情報通信関連領域における調査・コンサルティング業務に従事。専門は、競争戦略、事業戦略、マーケティング戦略立案及び情報通信政策策定支援。総務省情報通信審議会専門委員。