mineoブランドの端末「ルーチェ」。家電量販店などで買えるSIMフリー端末が少ないぶん、MVNOが積極的にラインアップを拡充させている
mineoブランドの端末「ルーチェ」。家電量販店などで買えるSIMフリー端末が少ないぶん、MVNOが積極的にラインアップを拡充させている

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

KDDI回線を使う格安スマホのメリットとデメリットは?

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 「格安スマホ」「格安SIM」で知られるMVNO(仮想移動体通信事業者)は、大手の通信事業者から回線を借りている。その借り先は、ほとんどが業界最大手のNTTドコモだ。

 理由は、回線を貸すための費用である「接続料」が、他社より安いため。今では差が縮まっているが、かつてはKDDIが2倍、ソフトバンクが3倍高い状況が続いていた。回線を貸すための体制も整っていたことから、ドコモに一極集中したという見方が強い。また、KDDIに比べ、ドコモの使う電波や周波数は、国際標準に近い。ドコモから回線を借りた方が海外メーカーから端末を調達しやすかったというのも、同社が選ばれる遠因だ。

この記事は有料記事です。

残り1585文字(全文1869文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。