左から、リバネス丸幸弘CEO、メタジェン福田真嗣CEO、同水口佳紀COO、同山田拓司CTO
左から、リバネス丸幸弘CEO、メタジェン福田真嗣CEO、同水口佳紀COO、同山田拓司CTO

IT・テクノロジー躍動する科学ベンチャー

腸内環境制御で「病気ゼロ社会」を目指すメタジェン

丸幸弘 / 株式会社リバネス最高経営責任者

対談:メタジェン・福田、山田、水口×リバネス・丸CEO(1)

 「サイエンスベンチャー」と呼ばれる新興科学企業の草分け、株式会社リバネスの丸幸弘・最高経営責任者(CEO)を案内役に、科学ベンチャーの最前線を探る連載第3シリーズは、腸内細菌叢(腸内フローラ)を含む腸内環境の研究・解析で世界最先端の技術を誇るベンチャー企業のメタジェンです。その技術を背景に、「病気ゼロの社会をつくろう!」とする福田真嗣CEO、山田拓司・最高技術責任者(CTO)、水口佳紀・最高執行責任者(COO)と対談しました。4回に分けてお送りします。【進行・構成、サイエンスライター本丸諒】

 ◆リバネス丸幸弘CEO 最先端の腸内環境解析技術を持つ、世界で唯一の「腸内環境の研究・解析ベンチャ…

この記事は有料記事です。

残り2719文字(全文3048文字)

丸幸弘

丸幸弘

株式会社リバネス最高経営責任者

1978年神奈川県生まれ。東京大学大学院在学中の2002年6月にリバネスを設立。「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化した。大学や地域に眠る経営資源や技術を組み合せて新事業のタネを生み出し、200以上のプロジェクトを進行させている。著書『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)がある。