マネー・金融ビジネスマンの投資術

「プロのポーカー師が乗る賭け」の見抜き方

広木隆 / マネックス証券チーフ・ストラテジスト

 日本人で初めてポーカーの世界チャンピオンになった木原直哉さんはプロのポーカー師である。プロというからにはポーカーで生計を立てているわけだが、「よくギャンブルで食べていけますね」と半ばあきれたように聞かれることが多いという。ところが木原さんご自身は、ポーカーは仕事であって、ギャンブルをしているとは思っていないのだそうだ。では木原さんのギャンブルの定義は何か? それは「期待値がマイナスなことにおカネを賭けること」である。

 前回のコラム「投資のプロが宝くじを買わない理由」で紹介した期待値とは、ある事象が起きた時に発生する…

この記事は有料記事です。

残り2021文字(全文2282文字)

広木隆

広木隆

マネックス証券チーフ・ストラテジスト

1963年、東京都生まれ。上智大学外国語学部卒業。国内銀行系投資顧問、外資系運用会社などの運用機関でファンドマネジャーを歴任。2010年から現職。経験と知識に基づいた金融市場の分析を行う。著書に「勝てるROE投資術」(日本経済新聞出版社)など。マネックス証券ウェブサイトで、最新ストラテジーレポートが閲覧できる。http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G903/strategy/index.htm