社会・カルチャー街の文化漂う 秘蔵の宿

ガラス工房を持つ茨城の宿 マウントあかね

稲葉なおと / 紀行作家、一級建築士

2食付き9080円(税込み)〜

 小学生の子どもを持つ親にとって、夏休みの悩みのひとつが、自由研究だ。子どもが休み明けに提出する際の研究のテーマ探しに、親もやきもきする。

 私もそのひとりなのだが、そんな時に、親子で楽しく制作体験をしながら、いつの間にか宿題を片づけられるのが、ここ。「公共の宿」なので、宿泊その他の料金も割安なのがありがたい。

 というわけで、難題解決を親子で楽しんでしまおうと、今回で3度目の訪問になった。

この記事は有料記事です。

残り1375文字(全文1585文字)

稲葉なおと

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)