AI開発ベンチャー企業「オートメーテッド・インサイツ」の社内=清水憲司撮影
AI開発ベンチャー企業「オートメーテッド・インサイツ」の社内=清水憲司撮影

グローバル海外特派員リポート

記事執筆「毎秒2000本」の人工知能は世界を変えるか

清水憲司 / 毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

 米国で人工知能(AI)の実用化が進んでいる。高度な情報処理技術を駆使して人間顔負けの自然な文章を書けるAIが開発され、有力メディアのAP通信は、AIを活用した企業決算の記事を年間1万2000本も量産。金融機関でも顧客向けリポートをAIが執筆し始めた。

 一瞬で作業を終えてしまうAIのおかげで、コストをかけずにきめ細かい情報提供が可能になったが、AIの進化が進めば、人間の「仕事」がなくなってしまう日が来るかもしれない。AP通信や米ヤフー、韓国のサムスン電子などにAI技術を提供する米ベンチャー企業「オートメーテッド・インサイツ」を訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り1386文字(全文1656文字)

清水憲司

清水憲司

毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を経て99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て2004年経済部に移り、流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当し、東日本大震災後には特別報道グループで核燃料サイクル政策も取材した。14年北米総局の特派員となり、米国経済の動向や企業取材を担当している。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
国道4号沿いのサービスエリア「Alzu」はサイ、カバ、インパラなどが放し飼いにされている人気スポット(写真は筆者撮影)

ヨハネスブルク「絶対に歩いてはいけない」地区を縦断

 ◇南アフリカ編(7) レソト王国入国に失敗したにもかかわらず、懲りもせず今度は、エスワティニ(旧スワジランド)の国境近くまで走っ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…

知ってトクするモバイルライフ
第2弾の100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長=東京都千代田区で、今村茜撮影

ペイペイ再び「100億円キャンペーン」は小粒に還元

 ソフトバンクとヤフーが合弁で設立したQRコード決済事業者のペイペイが、総額100億円キャンペーンの第2弾を2月12日から始める。…

ニッポン金融ウラの裏
 

変革の時代に「動かない」言い訳を探す銀行の勘違い

 銀行が変革の時代を迎えていることはいまさら言うまでもない。しかし、そのような言葉がマスコミをにぎわしている割には、銀行業界で実際…