スクラップショップ内にはさまざまな廃品が並ぶ=ポピンズ提供
スクラップショップ内にはさまざまな廃品が並ぶ=ポピンズ提供

社会・カルチャー世界の乳幼児教育、行ってみたらこうだった!

「街全体で子供を育てる」新しい教育法を英国に見た!

轟麻衣子 / 株式会社ポピンズ取締役

英国編(4)

 英国の小学校ではランチ後の昼休みの時間に、校庭にワゴン車が現れ、その周りで多くの子供が元気よく遊ぶ光景を目にすることがあります。これは、「スクラップヤード」と呼ばれる、工場や家庭から出る廃棄物や廃品を子供の遊具として活用する取り組みの一環です。

 NPO法人がスクラップショップ(廃品などをリサイクル販売する店舗)を運営しながら、保育園や小学校などに出向いています。学校での取り組みを「プレイポッド(Play pod)」と言い、NPOの職員は教育に関する資格の保有者です。英国内には、こうしたスクラップショップが多数あり、店内に遊び場を設置しているケースもあります。

 もちろん、子供の身に危険でないものが用意されています。タイヤや大きな網などがあり、長い棒状のスポン…

この記事は有料記事です。

残り2440文字(全文2779文字)

轟麻衣子

轟麻衣子

株式会社ポピンズ取締役

東京都生まれ。12歳で英国の名門寄宿舎学校に入学。1998年、ロンドン大学を卒業後、メリルリンチ(ロンドン)に入社。シャネル(パリ本社、日本支社)などを経て、INSEAD(フランスを拠点とするビジネススクール・経営大学院)でMBAを取得。その後、デビアス(ロンドン)で勤務後、2010年、ポピンズ顧問、12年から現職。2児の母親。