スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

トラブルを乗り越えるための「鬼軍曹」のススメ

細川義洋 / ITコンサルタント

 裁判に発展するような深刻なトラブルに陥るITプロジェクトには、共通する上司の態度があります。それは「悪い意味でのリベラル」です。

管理義務違反が問われた裁判

 システム開発が大幅に遅れ、契約が解除されたIT紛争の調停を担当したときの話です。証拠として提示された発注側と開発業者間のメールを見ると、「納品が遅れるなら、いつになるのか教えてほしい」と尋ねる発注側に対して、開発業者側の担当者が言い訳ばかりで、真剣に対応していない状況が読み取れました。

 その言い訳とは、「突然の要件追加でスケジュールが遅れた」「使用したパッケージソフトに予想しなかった…

この記事は有料記事です。

残り1584文字(全文1856文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。