サクラシティの外観
サクラシティの外観

くらしマンション・住宅最前線

山が近く、緑が身近な都内・高尾に住むという選択

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 6月に分譲された第1期130戸が即日完売したマンションがある。建設地は都心ではなく、郊外。東京駅から西に向かって走るJR中央線の「高尾」駅徒歩6分……それは「プレミスト高尾サクラシティ」。大和ハウス工業とコスモスイニシアが分譲する416戸の大規模マンションだ。人気の理由はいくつかある。

座れる上り始発電車は7、8時台に18本

 まず、サクラシティは大型商業施設とマンション、一戸建て住宅地の複合開発で、街づくりのスケールが大きいこと。商業施設内にはスーパーなどとともにクリニックも入る予定で、隣接地にはすでに真新しい保育園が完成している。さらに、公立の小学校も近いなど、生活が身近で完結することになる。これは大きな魅力だ。

 加えて、「高尾」駅からは、JR中央線の上り始発電車が出るため、座って通勤しやすいという利点もある。…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1169文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。