IT・テクノロジーITが変えるビジネスの近未来

交通アプリは「満員電車」を駆逐する

林信行 / ITジャーナリスト

 東京では満員電車に人を押し込む滑稽(こっけい)な日常が21世紀の今日も続いている。だが、ITが状況を改善してくれるかもしれない。

アプリで車両の温度や混雑度合いがわかる

 「JR東日本アプリ」の山手線トレインネット機能を使うと、JR山手線で自分が乗っている車両や他の車両の温度、混雑度合いを教えてくれる。電車は数車両移動するだけでガラっと空いていることも多いが、それを手元のスマートフォンでアプリが可視化してくれるのだ。

 電車の混雑時、代替の交通手段として期待したいバスには、時刻表通りに来ない問題がある。目的地まで電車…

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文1810文字)

林信行

林信行

ITジャーナリスト

1967年生まれ。アップルやグーグルの動向や技術、製品を継続的に取材対象としており、情報技術分野のテクノロジーに明るい。近年は、自動車やファッションなどのさまざまな業界におけるIT活用の取り組みに関心を持ち、人々の暮らしや社会にもたらす変化をテーマとしている。著書多数。