3種の部位を盛り合わせた「ボブリースペシャル!!」(3800円税別)
3種の部位を盛り合わせた「ボブリースペシャル!!」(3800円税別)

くらしこの酒場この一品

馬肉ステーキで知る「第四の食肉」の可能性

印束義則 / ライター

東京・新橋「馬酒場 ボブリー 新橋店」

 「馬肉料理は、馬刺しのみにあらず」。もちろん、馬刺しが代表的な馬肉料理としてうまいのは事実だが、馬肉の魅力はそれだけではない。馬刺しはうまい。だが、それ以外の馬肉料理も負けず劣らず、うまい。つまり、馬肉はとってもうまいのだ。

 馬肉が食文化として根づいている地域は、熊本、会津、長野、青森、山梨などが有名だが、東京でも下町では桜なべを食する文化が古くからある。2012年には社団法人日本馬肉協会も発足し、馬肉の品質と安全性の啓発活動に取り組んでいる。こうしたことも追い風となり、現在、首都圏の馬肉の消費量が著しく伸びている。馬肉は牛肉、豚肉、鶏肉に次ぐ「第四の食肉」とまでささやかれているのだ。

 その馬肉の魅力に多角的に触れるなら、東京・新橋の「馬酒場 ボブリー 新橋店」(東京都港区新橋、JR…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1496文字)

印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街東外れの丘のふもとにある勝利広場とギリシャ正教会(写真は筆者撮影)

ユジノサハリンスクの街に見た「ソビエト」の名残り

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(2) 2018年6月末、日本政府が設置した「サハリン日本センター」主催のロシア人向け講座の講師と…

メディア万華鏡
 

平成とともに消え去る?「女子アナ時代」の30年

 小宮悦子(元テレビ朝日)、高島彩(元フジテレビ)、田丸美寿々(元フジテレビ)、八木亜希子(元フジテレビ)、吉川美代子(元TBS)…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「定時帰りは無理!?」26歳女性“固定残業代”への疑問

 A子さん(26)は、3カ月前に今の会社に転職しました。職種は営業アシスタントです。転職以降、定時に上がれる日がほとんどありません…

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…

ニッポン金融ウラの裏
 

キャッシュレス化20%「日本は遅れてる」はホント?

 「デジタルマネー」が引き続きホットな話題となっている。政府が推進するキャッシュレス化社会の流れに沿った議論だ。だが、さまざまな官…