スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

第三者の目で部下の仕事を「クロスチェック」

細川義洋 / ITコンサルタント

 「……顧客情報を画面に表示する部分ですが、これまでの取引履歴も同時に表示できるようにお願いできませんでしょうか?」という発注者側が送信したメール。それに対して、「承知しました。検討させていただきます」という開発業者側の返信メールが示される──IT紛争の裁判で、双方が証拠として提出したメールです(調停員には守秘義務があるため、経験を基に創作したものです、念のため)。

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1363文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。