SORACOMの玉川憲社長。手にしているのは「SORACOM Air」のSIMカード。NTTドコモの回線を借り受け、IoT向けの安価なネットワークを実現する
SORACOMの玉川憲社長。手にしているのは「SORACOM Air」のSIMカード。NTTドコモの回線を借り受け、IoT向けの安価なネットワークを実現する

IT・テクノロジーハードウエア新時代

IoT通信のハードルを下げたソラコムの挑戦

西田宗千佳 / フリージャーナリスト

 「SORACOM」(ソラコム)というベンチャー企業が9月30日、国内で新しい通信サービス「ソラコム エアー」を始めた。ソラコムがいわゆる「MVNO(仮想移動体通信事業者)」となってNTTドコモの携帯電話回線を借り、IoT事業者に低コストで通信サービスを提供するものだ。事業者はSIMカードを購入するだけで利用できる。

 ソラコム エアーが一般的なMVNOとは大きく違うのは、「IoT」(Internet of Thin…

この記事は有料記事です。

残り1897文字(全文2106文字)

西田宗千佳

西田宗千佳

フリージャーナリスト

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。取材・解説記事を中心に、主要新聞・ウェブ媒体などに寄稿するほか、年数冊のペースで書籍も執筆。テレビ番組の監修なども手がける。