JR東京駅丸の内北口の優良タクシー乗り場=川村彰撮影
JR東京駅丸の内北口の優良タクシー乗り場=川村彰撮影

IT・テクノロジー最適メディアライフ

「優良ショップ制度」創設で"業界悪貨"を駆逐できるか

北俊一 / 野村総合研究所上席コンサルタント

 最近、東京都内のターミナル駅前に「優良タクシー乗り場」が設置されている。安全・サービスの両面で一定の評価を受けた運転者・事業者だけが入構できるタクシー乗り場である。

 公益財団法人東京タクシーセンターから(1)優良運転者表彰を受けた運転者(2)優良法人タクシー事業者に所属する運転者で、かつ優良表示を出している車両(3)個人タクシーの最高位「マスター(みつ星)」--が対象となっている。

 2008年3月に新橋駅東口前タクシー乗り場で運用を始めて以来、現在では都内11地区15カ所まで拡大…

この記事は有料記事です。

残り1633文字(全文1876文字)

北俊一

北俊一

野村総合研究所上席コンサルタント

1965年、横浜市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。90年株式会社野村総合研究所入社。四半世紀にわたり、情報通信関連領域における調査・コンサルティング業務に従事。専門は、競争戦略、事業戦略、マーケティング戦略立案及び情報通信政策策定支援。総務省情報通信審議会専門委員。