台湾HTCが発売する「HTCデザイアー626」(右)と、「HTCデザイアーアイ」(左)
台湾HTCが発売する「HTCデザイアー626」(右)と、「HTCデザイアーアイ」(左)

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

3万円に値ごろ感 SIMフリー端末の選択肢広がる

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 iPhone 6s/6s Plusに続き、ドコモ、au、ソフトバンクから「冬春モデル」が発表されている。携帯電話の最大の商戦の時期は新生活が始まる春で、月あたりの新規契約者数も2月、3月が最大になる。その時期に向け、各社とも新機種を多数投入する傾向がある。

 これは、大手通信事業者から回線を借りる、MVNOと呼ばれる事業者も同じだ。ここに合わせ、通信事業者を選ばないSIMフリーのスマホも、続々と発表されている。ここでは、その中から、注目の端末を取り上げていきたい。

この記事は有料記事です。

残り2108文字(全文2342文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。