社会・カルチャー街の文化漂う 秘蔵の宿

異国の客と屋上でビール ホテルグラフィー根津

稲葉なおと / 紀行作家、一級建築士

素泊まり7200円(税込み)〜

 商店が並ぶ幹線道路から、どんどん住宅地の奥へと導かれていく。自転車が2台すれ違えるかどうかというような路(みち)。住民しか知らない、抜け道を歩いているようだ。

 東京メトロ千代田線・根津駅から徒歩3分。スマートフォンが示す、ホテルへと向かう経路を歩みながら、こころが露地にすうっと吸い込まれて行くような、不思議な気分に浸っていた。

 ホテルに足を踏み入れると、フロントに立つのは、青い目の若い女性だった。こころの切り替えが追いつかず…

この記事は有料記事です。

残り1556文字(全文1786文字)

稲葉なおと

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」は慰霊碑であるとともに現代アートのマスターピースでもある(写真は筆者撮影)

ベルリンで藻谷氏が見た「ナチスの忌まわしい記憶」

 ◇ドイツ・ベルリン編(2) 28年ぶりに訪れたベルリンは、ドイツの首都らしく堂々とした、しかしどこか人影が少なく人工的な雰囲気の…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「有休取らない社員」年5日取得義務化でどう変わる

 A夫さん(46)は、社員数約50人のソフトウエア開発会社の経営者です。3年ほど前から社員の働き方を見直したり、年次有給休暇の取得…

知ってトクするモバイルライフ
「分離プラン」は進むか。iPhoneのような高額スマホは苦戦する可能性も

「スマホ端末と通信料を分離」政府方針に大手3社は?

 総務省は11月26日に有識者会議を開き、通信事業者に対して「分離プラン」を義務付ける緊急提言案を発表した。政府の規制改革推進会議…

ニッポン金融ウラの裏

支店の自主性を配慮する銀行の「ノルマ脱却」は本物か

 メガバンクが営業拠点に設定する収益目標制度を見直している。本部が計画した収益目標に基づいて、数多い商品ごとに細かく数値目標を設定…

メディア万華鏡
「伝統と創造の会」総会に臨む稲田朋美氏=衆院第2議員会館で2017年12月11日、川田雅浩撮影

本当の敵は誰なのか?「名誉男性」批判へのモヤモヤ感

 「稲田朋美って『名誉男性』なんだって。分かる」というメールが友人から届いて以来、モヤモヤが続いている。 ◇稲田朋美氏に続き杉田水…