東京都内で=関口純撮影
東京都内で=関口純撮影

IT・テクノロジー最適メディアライフ

なぜ日本の携帯料金は「高い!」と責められるのか?

北俊一 / 野村総合研究所上席コンサルタント

 安倍晋三首相の携帯電話料金値下げ指示を受けて作られた総務省のタスクフォースは、10月26日の第2回会合で、携帯電話事業者とMVNOへのヒアリングを行い、ひととおりの現状把握が終わった。今後は論点整理に移る。

 この問題に関するマスコミ報道と消費者の反応を見ていると、「ケータイ料金は高い」「料金が複雑すぎる」「長期利用者をないがしろにしている」という声が、いかに多いかがわかる。

 同時にドコモ、KDDI、ソフトバンク3社に対しても、「もうけすぎだ」「3社寡占状態で料金が高止まり…

この記事は有料記事です。

残り1902文字(全文2141文字)

北俊一

北俊一

野村総合研究所上席コンサルタント

1965年、横浜市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。90年株式会社野村総合研究所入社。四半世紀にわたり、情報通信関連領域における調査・コンサルティング業務に従事。専門は、競争戦略、事業戦略、マーケティング戦略立案及び情報通信政策策定支援。総務省情報通信審議会専門委員。