スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

ゴール予測なき謝罪は事態をいっそうこじらせる!

細川義洋 / ITコンサルタント

 ITプロジェクトが大きく遅れ、発注者が開発業者に、深夜作業や休日出勤を暗に促すことは珍しくありません。週末に家族旅行の予定があっても、疲労がピークに達していても、発注者から「絶対に間に合わせろ」と言われれば従わざるを得ないのが、ITの現場です。

トラブル時の上司の交渉力がプロジェクトの成否を決める

 発注者の要求を受けて、徹夜作業や休日出勤を繰り返しながら行うプロジェクトがうまくいくはずもありません。納期遅れとコストオーバーで開発業者に大きな損害をもたらす可能性があります。社員たちは疲弊し、心身に支障を来す人や病欠者、退職者を出すことにもなりかねません。上司としてはぜひとも避けたい事態です。

 プロジェクトが危機に陥ったとき、発注者と直接交渉するのは上司の役割ですが、この交渉はプロジェクト成…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1300文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ミンスク駅前広場に今も建つレーニン像。背後のビルもスターリン的(写真は筆者撮影)

ミンスクの街を歩き考えた「ベラルーシ人」とは何者か

 ◇ベラルーシ・ミンスク編(2) 旧ソ連解体後に独立した国の中で唯一、ロシアべったりの体制を続けてきたベラルーシ。その首都ミンスク…

職場のトラブルどう防ぐ?

「ネトゲにはまって遅刻がち」若手社員をどう扱うか?

 A夫さん(46)は、社員数約80人の機械部品製造卸会社で品質管理部の責任者をしています。入社3年目の部下、B輔さん(23)の勤怠…

メディア万華鏡
第38回全国豊かな海づくり大会の放流会場で、笑顔で拍手をされる天皇、皇后両陛下=高知県土佐市の宇佐しおかぜ公園で2018年10月28日、加古信志撮影

「発信する皇后」美智子さまが平成にもたらしたもの

 「既視感、もう飽きた」--。皇后さまが10月20日、84歳の誕生日を迎えられた。天皇陛下の退位まで半年。皇后として最後の誕生日と…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…