大型タブレット「iPad Pro」
大型タブレット「iPad Pro」

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

iPadプロ登場でかぜん注目「2台目プラン」のお得

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 アップルから「iPadプロ」が発売され、タブレットにあらためて注目している人も多いだろう。世界的に見ると、タブレット市場はやや停滞感があるものの、日本ではLTEなどの通信回線に対応した機種が急増している。大手通信事業者の料金プランも相まって、2台目端末としてタブレットを持つ人が増えているのだ。

データ容量を1回線目と分け合うシェアプラン

 そんなタブレットをお得に使いたいなら、2台持ち用の料金プランを検討してみたい。大手通信事業者が力を入れているのが、データ容量を1回線目と分け合えるプランだ。これだと、2回線それぞれデータパックを契約して、容量が余ってしまう無駄が省ける。また、タブレットは自宅で使うことも多いため、使った月と使わなかった月で、データ使用量に差が出やすい。分け合いが可能な「シェアプラン」は、維持費用も安いため、こうした利用シーンにも向いている。

ドコモの決算資料では、タブレットが伸びていることがわかる
ドコモの決算資料では、タブレットが伸びていることがわかる

 では、実際にはいくらぐらいかかるのか。ドコモで1台目としてスマホを使っており、音声定額の新料金プランに加入していたとする。この場合、タブレット側で「2台目プラス」に加入すれば、月額500円で1台目とデータ容量をシェアできるようになる。注意したいのは、2台目、つまりタブレット側にも基本使用料が必要なことだ。タブレット用には「データプラン」があり、こちらの基本使用料は1700円。ネットに接続するための「spモード」が300円かかり、トータルでは2500円になる。ソフトバンクも、しくみはほぼ同じだ。

事実上、2年間は通信料がかからない割引

ペンやキーボードにも対応した、12.9インチのiPad Pro
ペンやキーボードにも対応した、12.9インチのiPad Pro

 auでは少々しくみが異なり、タブレット側にも2ギガバイトのデータ容量がつく。これを1台目のデータ通信量と合算できるため、1台目のデータパックをひとつ下のものに下げることもできる。ただし、料金自体はドコモやソフトバンクよりやや高く、スマホとのセット割引を使っても、3150円かかってしまう。

 各社ともタブレットにも、スマホと同様、毎月の通信料に対する割引を用意している。冒頭挙げたiPadプロの場合、ドコモの月々サポートは2700円。2台持ちする際の最低料金である2500円よりも、割引額の方が大きくなる。この場合、残った割引は1回線目に適用される。事実上、2年間は通信料がかからないのだ。回線入りのタブレットの販売数が伸びている理由は、ここにある。

iPadプロ本体は高価だが、格安タブレットは2万円台から

 とはいえ、通信料とは別個に、タブレットの本体代もかかる。iPadプロは、各社とも約14万円ほどの値段をつけている。24回払いでも、月々の料金6000円を少し下回る程度で、負担感は大きい。

端末価格を安価におさえたドコモの「dタブ」。写真は8インチ判だが、2015年12月には10.1インチ判が発売される
端末価格を安価におさえたドコモの「dタブ」。写真は8インチ判だが、2015年12月には10.1インチ判が発売される

 支払いを抑えたかったら、もっと安価なタブレットを選ぶという手もある。たとえば、ドコモが自身のブランドで販売する「dタブ」の8インチ判は、本体価格が3万円。割引もあり、2万円台前半で、本体を購入できる。毎月の割引も約1700円ほどで、2回線目が1000円を切る計算だ。

 タブレットの回線を、大手通信事業者のものにしないという手もある。格安SIMと呼ばれているMVNOで契約すれば、料金は3ギガバイトで900円程度。端末購入に伴う割引はつかないが、素の値段でも十分安い価格設定になっている。特定の通信事業者でしか使えないSIMロックがかかっていないタブレットも、安いものなら2万円程度で済む。大手通信事業者とは異なり、2年契約や2台持ち用の料金プランなど、複雑さがないのも魅力だ。

 単にスマホが大きくなっただけと思われがちなタブレットだが、画面サイズの違いは、体験の差にもなる。ネットが見やすかったり、映像の迫力があったり、手書き対応アプリが使いやすかったりと、大きいだけのメリットは確実にある。毎月の通信料はあまり高くないので、気軽に使い始めたいなら、まずは安価なタブレットを買ってみるというのがオススメだ。

<「知ってトクするモバイルライフ」は原則、毎週火曜日に掲載します>

経済プレミア・トップページはこちら

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
手のひらにしっかり収まる「アクオスR2コンパクト」。発売は1月

日本人の好みに応えたシャープ・アクオス小型スマホ

 シャープが、小型スマホの「アクオスR2コンパクト」を開発。ソフトバンクから2019年1月に発売されるほか、SIMフリーモデルとし…

ニッポン金融ウラの裏

NISAに最初の「5年満期」更新しないと非課税消滅

 少額投資非課税制度(NISA)が初めての期間満了を迎える。一定の手続きによって、さらに5年間の非課税期間延長となるが、いま、証券…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…