スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

素人にプロジェクトを任せた上司の責任とは

細川義洋 / ITコンサルタント

 ある製造業の会社が、自社の基幹業務システムの開発を業者に依頼しました。しかし、発注した側のシステム担当社員4人が、開発業者に十分な情報提供や協力をしなかったため、プロジェクトは失敗。費用支払いを巡って争われた裁判で全面敗訴した事件がありました。

発注者側に適任者がいないこともある

 発注者側の4人の担当者は、自社の経費勘定項目を開発業者に全く説明できないなど、システムに関する知識が決定的に不足していました。他の仕事の都合を理由に、開発業者との打ち合わせでも欠席を繰り返しました。

 実は、担当者4人は、情報技術(IT)に詳しいわけでもなく、経理業務の経験もない営業部や人事部の社員…

この記事は有料記事です。

残り1138文字(全文1428文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。