ドラマ版「孤独のグルメ」(テレビ東京)で主人公・井之頭五郎を演じる松重豊さん=テレビ東京提供
ドラマ版「孤独のグルメ」(テレビ東京)で主人公・井之頭五郎を演じる松重豊さん=テレビ東京提供

社会・カルチャーベストセラーを歩く

食べることで救われる「孤独のグルメ2」

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 魅力的なマンガに出会いたいといつも思っている。しかし、それは意外に難しい。書評で興味をひかれても、書店で題名が思い出せなかったり、本屋で見かけてもビニールでとじられていて、中身が確かめられず、買うのをためらったりするのだ。

 逆にあまり考えもせずに、ふと求めたマンガが、帰宅して読むと抜群に面白かったということがときどきある。久住昌之原作、谷口ジロー作画「孤独のグルメ2」(扶桑社)もそんな一冊だった。

 東京・お茶の水の書店で平積みになっていたのを妙に気になって購入したのだ。タイトルもいいし、表紙に描…

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1772文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。