小冊子「100年マンションの育て方」
小冊子「100年マンションの育て方」

くらしマンション・住宅最前線

建て替えでも廃虚でもない「マンション延命」という選択

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 老朽化したマンションの建て替えは簡単には行えない。容積率に余裕があればこれまでより大きな建物にでき、余剰住戸を一般に分譲することで建設費を捻出。元からの住人は1円も出さず、新しいマンションに移り住むことができた。

延命すれば100年マンションに

 これは初期のマンションに限った話。多くのマンションは、建て替えで余剰住戸が生じない。だから、一戸建てと同様、自分たちで建て替え資金を出し合わなければならない。その額は平均的な3LDKで2500万円以上とされる。それだけのお金を全住戸が出すことができないと、建て替え計画は暗礁に乗り上げる。

 建て替えられず廃虚になるのを待つか、全員でお金を出し合い、建て替えるか。この二つしか選択肢がなく、…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1266文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
手のひらにしっかり収まる「アクオスR2コンパクト」。発売は1月

日本人の好みに応えたシャープ・アクオス小型スマホ

 シャープが、小型スマホの「アクオスR2コンパクト」を開発。ソフトバンクから2019年1月に発売されるほか、SIMフリーモデルとし…

ニッポン金融ウラの裏

NISAに最初の「5年満期」更新しないと非課税消滅

 少額投資非課税制度(NISA)が初めての期間満了を迎える。一定の手続きによって、さらに5年間の非課税期間延長となるが、いま、証券…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…