携帯電話のある風景=2015年12月7日、関口純撮影
携帯電話のある風景=2015年12月7日、関口純撮影

IT・テクノロジー最適メディアライフ

総務省の適正化要請で端末価格は上がるのか?

北俊一 / 野村総合研究所上席コンサルタント

 総務省は12月18日、携帯電話料金に関するタスクフォースの提言を受けて、スマートフォンの料金軽減と端末販売適正化への取り組み方針を公表した。さらにNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの通信事業者3社に対し、スマートフォン料金と端末販売に関する要請を行った。

スマートフォンの料金負担の軽減及び端末販売の適正化に関する取り組み方針

スマートフォンの料金及び端末販売に関して講ずべき措置

この記事は有料記事です。

残り2437文字(全文2627文字)

北俊一

北俊一

野村総合研究所上席コンサルタント

1965年、横浜市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。90年株式会社野村総合研究所入社。四半世紀にわたり、情報通信関連領域における調査・コンサルティング業務に従事。専門は、競争戦略、事業戦略、マーケティング戦略立案及び情報通信政策策定支援。総務省情報通信審議会専門委員。