部下を伸ばす上司 ダメにする上司

「解決策なき謝罪文」を書かせたら上司の負け

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 IT技術者の作業で意外と多いのが文章づくり。トラブル時の原因と対処の説明や、開発スケジュール遅延の理由と謝罪を書くのは、つらいものです。

上司の意図する報告書を部下はすんなり書かない

 部下の文章の責任は、上司が取らなければなりません。部下の手による報告書をチェックして、間違いや説明不足の部分を指摘し、修正させる必要があるでしょう。できるなら短時間で済ませたいものです。

 ところが実際には、上司の意図したことを、部下はすんなりと書いてくれません。実際に私が目にした例です…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1032文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。