IT・テクノロジーハードウエア新時代

スマホやタブレットと比べたテレビ画面の強みとは

西田宗千佳 / フリージャーナリスト

 多くの人は、「テレビはそこまで高画質でなくていい」と言う。実際のところ、30万円を超えるような高級モデルを買う人は少数派であり、「そこそこでいい」というのは本質だろうと思う。また最近は、スマートフォンやタブレットで映像を見る人も増えている。10代の間では、YouTube・ニコニコ動画の中に「彼らしかしらない人気者」を見つけるようになっている。そこで見ているのはテレビでなく、スマートフォンの画面だ。

 では画質面で、テレビの優位はないのだろうか? テレビも、どんなものでも十分なのだろうか? その点に…

この記事は有料記事です。

残り1723文字(全文1974文字)

西田宗千佳

西田宗千佳

フリージャーナリスト

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。取材・解説記事を中心に、主要新聞・ウェブ媒体などに寄稿するほか、年数冊のペースで書籍も執筆。テレビ番組の監修なども手がける。