都市の風景=東京・銀座で2015年11月27日、関口純撮影
都市の風景=東京・銀座で2015年11月27日、関口純撮影

マネー・金融30歳ではじめる資産形成

「経済の仕組み」と「お金の流れ」に関心を持とう

横山邦男 / 前三井住友アセットマネジメント社長

 私は社会人としての人生のうち30年近く、銀行に身を置いていましたが、今後の世の中を考えると、どうやら預貯金だけでは資産形成ができなくなりそうだということを近年強く感じています。

 そこで、資産形成するためには資産の運用、つまり「投資」が必要だという思いに至り、本コラムを執筆しました。

 ところで皆さんは、「投資」という言葉を聞いて、どのような印象を持ちますか?

 最近でこそ、日本の株価の上昇などを受け、にわかに関心が高まってきていますが、「なんだかうさんくさい…

この記事は有料記事です。

残り1736文字(全文1966文字)

横山邦男

横山邦男

前三井住友アセットマネジメント社長

東京大学卒、1981年に住友銀行(現三井住友銀行)入行。日本郵政専務執行役、三井住友銀行常務執行役員を歴任し、2014年4月から三井住友アセットマネジメント社長、16年6月から日本郵便社長。住友銀行とさくら銀行の合併によるメガバンク誕生の際に腕を振るった金融界のビッグネーム。著書に「今こそはじめる資産形成」(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。