コイン型チョコレート「美しい鳥QUETZAL(ケツァール)」52枚入、税込2354円=小高朋子撮影
コイン型チョコレート「美しい鳥QUETZAL(ケツァール)」52枚入、税込2354円=小高朋子撮影

社会・カルチャー「この人、この土地」だから生み出せる一品

東京・自由が丘「ショコル」が石臼で作るチョコの官能

小高朋子 / 旅食ライター・カメラマン

 甘くないチョコレートと言ったらいいだろうか。実際には、甘みはあるのだがカカオの芳醇(ほうじゅん)な香りが広がり、苦みと甘みがゆっくりとやってくる。抜けるような酸味の切れ味は、カカオ豆そのものが持つ味の特徴だ。

きっかけはフィリピンのチョコドリンク

 渋谷と横浜を結ぶ東急東横線・自由が丘駅からバスで走ること10分ほどの住宅街にxocol(ショコル、東京都世田谷区)の店舗はある。こぢんまりとした可愛らしい店舗の奥が工房だ。2013年にオープンした同店は、代表の君島香奈子さんが製造から販売までのすべてを、ひとりで切り盛りしている。

 君島さんがチョコレート作りを始めたきっかけは、11年のフィリピン旅行中に飲んだ1杯のチョコレートド…

この記事は有料記事です。

残り1830文字(全文2144文字)

小高朋子

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」は慰霊碑であるとともに現代アートのマスターピースでもある(写真は筆者撮影)

ベルリンで藻谷氏が見た「ナチスの忌まわしい記憶」

 ◇ドイツ・ベルリン編(2) 28年ぶりに訪れたベルリンは、ドイツの首都らしく堂々とした、しかしどこか人影が少なく人工的な雰囲気の…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「有休取らない社員」年5日取得義務化でどう変わる

 A夫さん(46)は、社員数約50人のソフトウエア開発会社の経営者です。3年ほど前から社員の働き方を見直したり、年次有給休暇の取得…

知ってトクするモバイルライフ
「分離プラン」は進むか。iPhoneのような高額スマホは苦戦する可能性も

「スマホ端末と通信料を分離」政府方針に大手3社は?

 総務省は11月26日に有識者会議を開き、通信事業者に対して「分離プラン」を義務付ける緊急提言案を発表した。政府の規制改革推進会議…

ニッポン金融ウラの裏

支店の自主性を配慮する銀行の「ノルマ脱却」は本物か

 メガバンクが営業拠点に設定する収益目標制度を見直している。本部が計画した収益目標に基づいて、数多い商品ごとに細かく数値目標を設定…

メディア万華鏡
「伝統と創造の会」総会に臨む稲田朋美氏=衆院第2議員会館で2017年12月11日、川田雅浩撮影

本当の敵は誰なのか?「名誉男性」批判へのモヤモヤ感

 「稲田朋美って『名誉男性』なんだって。分かる」というメールが友人から届いて以来、モヤモヤが続いている。 ◇稲田朋美氏に続き杉田水…