部下を伸ばす上司 ダメにする上司

自分の過ちに気づいてもらう「誘導型話術」の極意

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 筆者の仕事は、裁判になってしまったIT紛争の和解調停です。その調停がうまくいくポイントは、原告と被告の双方に、自分たちの過ちに早く気づいてもらうこと。双方が「自分も少しは悪かった」と考えれば、調停は大抵うまく進みます。

「自分にも悪いところはあったな」と気づいてもらうには

 「IT開発失敗の原因は、開発業者のスケジュール遅延だ」と発注者側が主張したとします。でも詳しく話を聞くと、そもそも発注者側が重要会議を欠席したため、判断が遅れたといったケースがままあるものです。

 そうした点を「それはまずかったですね。業者も相当苦しんだと思いますよ」と指摘して、発注者にも過ちが…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1527文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。