COP21の会場前では、地元産のリンゴを交渉関係者や記者に振る舞うサービスも行われた=坂井隆之撮影
COP21の会場前では、地元産のリンゴを交渉関係者や記者に振る舞うサービスも行われた=坂井隆之撮影

グローバル海外特派員リポート

パリ協定採択にこぎつけたCOP21議長国の面目

坂井隆之 / 毎日新聞・前欧州総局特派員(ロンドン)

 2020年からの地球温暖化対策を決める「国連気候変動枠組み条約締約国会議」(COP21)を昨年12月上旬の1週間、パリ郊外の特設会場で取材した。

 直前の11月13日、130人の犠牲者を出した同時多発テロが発生したため、パリ市内では自動小銃を構えて警戒する兵士の姿がいたるところで見られた。

テロ警戒のパリでもオープンな雰囲気の会場

 COP会場周辺は兵士や警察官約3000人で厳重に警備され、交渉関係者や記者は最寄りの駅からシャトルバスで会場敷地に入り、建物入り口で金属探知機による持ち物検査を受けた。ペットボトルや瓶入りの飲み物も中身がチェックされ、没収される来場者もいた。主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)など過去にいくつも国際会議を取材したが、飲み物まで没収するのを見たのは初めてで、テロを受けて警戒を強めていることを改めて実感した。

 ただ、いったん会場に入ると、COPには独特のオープンな雰囲気があると感じた。会場となった国際展示場…

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1849文字)

坂井隆之

坂井隆之

毎日新聞・前欧州総局特派員(ロンドン)

1973年、京都市生まれ。広島大学大学院修了。98年毎日新聞社入社。千葉支局を経て、2003年から経済部で証券、自動車、日銀、金融庁、財務省などを担当。12年10月から欧州総局経済担当特派員として、英国をはじめ欧州、中東、ロシア、アフリカの経済ニュースをカバーした。16年10月から再び経済部。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「定時帰りは無理!?」26歳女性“固定残業代”への疑問

 A子さん(26)は、3カ月前に今の会社に転職しました。職種は営業アシスタントです。転職以降、定時に上がれる日がほとんどありません…

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…

ニッポン金融ウラの裏
 

キャッシュレス化20%「日本は遅れてる」はホント?

 「デジタルマネー」が引き続きホットな話題となっている。政府が推進するキャッシュレス化社会の流れに沿った議論だ。だが、さまざまな官…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街でのイベントにいた着ぐるみ。ちょっと不気味なところがロシア的?(写真は筆者撮影)

サハリン「ユジノサハリンスク」旧樺太の地の今は

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(1) ロシア・サハリン州の、州都ユジノサハリンスク(日本語にすれば「南サハリン市」)。成田空港か…

メディア万華鏡
 

「準強制性交」の罪名に感じる司法の“男性バイアス”

 「薬飲ませ女性暴行の疑い 昭和大の医師2人、容疑否認」「田畑毅議員が辞職願 衆院に提出 女性とトラブル」「新井浩文被告 500万…