(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会
(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

社会・カルチャー週末シネマ

全編に漂う脱力感「の・ようなもの のようなもの」

勝田友巳 / 毎日新聞学芸部長

 まさに、愛すべき小品。どってことのないちっちゃな話に、小さな笑いと哀調があり、最後はささやかに一歩前進。見終わってきっと元気が出る。ただしほんの少しだけ。2011年に亡くなった森田芳光監督の、1981年のデビュー作「の・ようなもの」を知っていれば、感慨もひとしおだろう。

森田芳光監督デビュー作「の・ようなもの」の続編

 志ん田(松山ケンイチ)はさえない前座の落語家だ。会社を辞め、志ん米(尾藤イサオ)の下で内弟子修業中の毎日である。しかしきちょうめんすぎて噺(はなし)に艶がないとダメ出しされ、ひそかに思いを寄せる志ん米の娘・夕美(北川景子)にもいいようにあしらわれるばかり。

 一門会が近づいたある時、後援会長(三田佳子)が「志ん魚の落語が聞きたい」と言い出した。志ん魚(伊藤…

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1537文字)

勝田友巳

勝田友巳

毎日新聞学芸部長

1965年、茨城県出身。北海道大文学部卒。90年毎日新聞に入社し、松本支局、長野支局などを経て、東京本社学芸部。映画を担当して15年、新作映画を追いかける一方、カンヌ、ベルリンなど国際映画祭や撮影現場を訪ね、映画人にも話を聞いて回る日々。毎日新聞紙面で「京都カツドウ屋60年 馬場正男と撮影所」「奇跡 軌跡 毎日映コン70年」の、2本の映画史ものを連載中。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
iPhone XS、XSマックスと同じく9月21日に発売されたアップルウオッチ「シリーズ4」

アップルウオッチ4「大画面で薄く進化」緊急通報も

 アップルウオッチの4世代目となる「シリーズ4」が9月21日、iPhone XS、XSマックスと同時に発売された。「シリーズ3」か…

職場のトラブルどう防ぐ?

パートの休憩問題で「労基署から指導」管理部長の窮地

 A雄さん(48)は、従業員数約230人の食品スーパーの管理部長です。ある店舗のパート従業員の休憩時間について労働基準監督署から是…

ニッポン金融ウラの裏
東京証券取引所=2015年5月8日、関口純撮影

日本の取引所の国際競争力が高まらないウラ事情

 わが国の資本市場をめぐっては解決が先送りされたままに置かれている課題が少なくない。そのひとつが証券取引所の「国際競争力」である。…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
バルパライソ港を見下ろす丘の一つで、画家が絵を売っていた(写真は筆者撮影)

世界遺産バルパライソ 斜面に広がる明るい港町に感激

 ◇チリ・サンティアゴとバルパライソ編(3) 高校時代だっただろうか。何かの本で写真を見てから、いつか行きたいと思っていた。真っ青…

メディア万華鏡
韓国旅客船セウォル号の沈没事故を報じる2014年4月17日付の毎日新聞東京朝刊

日本で「モリカケ映画」は? 米韓映画人が見せる底力

 「世の中が変わった時に真実が明かせるようにこの映画を作りました」。304人の死者・行方不明者を出した2014年の韓国旅客船セウォ…