マンション・住宅最前線

消費税率アップ前に過熱「駆け込み大規模修繕」

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 消費税率が8%から10%に上がるのは2017年4月の予定。まだ1年以上先だ。今のうちに何かを買っておこうという「駆け込み」が起きるには、まだ早すぎる。ところがこの時期、すでに「駆け込み」が生じている住宅関連分野がある。それは、多くの日本人に関係する分野でもある。

 住宅はマンションにしろ、一戸建てにしろ価格が高い。3000万円、4000万円という値札が当たり前のようにつけられるので、1本150円の大根とはケタが違う。それだけに、消費税率アップの影響も大きく、「上がる前に買っておこう」という気持ちが生じやすい。

 ところが、その駆け込みはあらゆる住宅分野で起きるわけではない。前回、消費税率が5%から8%に上がっ…

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文2041文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。