くらしマンション・住宅最前線

消費税率アップ前に過熱「駆け込み大規模修繕」

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 消費税率が8%から10%に上がるのは2017年4月の予定。まだ1年以上先だ。今のうちに何かを買っておこうという「駆け込み」が起きるには、まだ早すぎる。ところがこの時期、すでに「駆け込み」が生じている住宅関連分野がある。それは、多くの日本人に関係する分野でもある。

 住宅はマンションにしろ、一戸建てにしろ価格が高い。3000万円、4000万円という値札が当たり前のようにつけられるので、1本150円の大根とはケタが違う。それだけに、消費税率アップの影響も大きく、「上がる前に買っておこう」という気持ちが生じやすい。

 ところが、その駆け込みはあらゆる住宅分野で起きるわけではない。前回、消費税率が5%から8%に上がっ…

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文2041文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ベイルート港からレバノン山脈を望む。フェニキア語で白の意味の「レバン」からレバノンの名がついた。この山脈に降る雪を意味する(写真は筆者撮影)

レバノン首都ベイルート「中東のパリ」の今を見に行く

 ◇レバノン・ベイルート編(1) シリアとイスラエルという、ややこしい隣人に囲まれた小国・レバノン。1975年4月、東アジアでベト…

世界透視術
中国・北京の人民大会堂

中国富豪の転落死でネットに書かれた「七三死」の意味

 南仏プロバンスにある山村で7月3日、高さ10メートルほどの教会の石壁の上から中国人富豪が転落して死んだ。米誌「フォーチュン」の国…

職場のトラブルどう防ぐ?

「36協定」に署名を求められた32歳営業マンの不安

 A太さん(32)は、従業員数約20人の機械卸会社の営業マンです。2年ほど前に今の会社へ転職しました。職場の雰囲気にも慣れ、気持ち…

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…