大勢の学生で会場がいっぱいになった「マイナビ就職EXPO」=2015年3月3日、野田武撮影
大勢の学生で会場がいっぱいになった「マイナビ就職EXPO」=2015年3月3日、野田武撮影

スキル・キャリアしゅーかつ日記

突然のグループディスカッション「やばい!」

内山勢 / 毎日新聞編集委員

2015年3月3日(火) いきなりグループディスカッション(GD)!

 「(IT系企業)I社、GD。学園祭の出し物がテーマ。なかなか疲れた。できることはした!」

 小島舞子さん(現私大文系4年)は昨年3月3日、IT系のI社の説明会に行った。すると、いきなりGD(グループディスカッション)が始まった。おいおい何も準備してないよーー。

 I社は経団連会員企業ではないので採用日程の指針に従う必要はない。もっと早く説明会を開いてもいいのだが、就活生が本格的に動き出す3月に合わせて開催したようだ。でもいきなりGDやらなくても。

3月4日(水) 早くも、ストレスに押しつぶされそう

 「ストレスが重なってやばい! 泣きたいぐらいだめな日だわ……ぐすん」

 前の日のグループディスカッションは、正直あまりうまくいかなった。慣れないリクルートスーツにヒール、グループディスカッションのストレスもあり、就活開始4日目で早くも気分は落ち込んだ。

 4カ月前、1冊目の「就活ノート」を買った。赤い表紙だった。「自分に気合を入れるために買ったのに、就職説明会がつまらなくて、落書きばかりしていました 」

 表紙裏に赤いサインペンで就活の決意を示す心構え、2ページ目に「エントリーシートの書き方」と題したメモが書かれている。他のページは企業分析やOB訪問のメモ、そしてイラストが描かれていた。

 「その後、ノートの存在を忘れてしまって。それで新しいノートを買って日記をつけ始めたんです」

「あなたのすべての要素が判断の対象」

 東野琢磨さん(私大経済学部4年)が学内合同説明会で手渡されたパンフレットには、説明会での心構えがあれこれ記されていた。

 「これから始まる就職活動で、服装や態度、話し方や知識など、あなたのすべての要素が採用判断の対象となります。(中略)身なりを整え、正しいマナーで質問してみましょう。この機会をうまく活用して、選考に臨むための基礎的な経験を積みましょう」

 いや、まったくその通り−−一つひとつの言葉が、まったく就活準備をしてこなかった東野さんの心に、じわじわ染みていった。

メモ<グループディスカッション>

 一つのテーマを複数人が議論する採用選考の一形態、略してGD。司会、書記など役割を決め、テーマについてそれぞれが発言する。相手の意見を受け入れたり、論破したり、最後にまとめたり、といった一連の流れを観察される。企業は話の中身より、相手の話をじっくり聞いて、全体をリードしているかどうかを見ている。

 <「しゅーかつ日記」は毎週土曜、日曜日に掲載します>

就活解禁 緊張の初日はプレエントリー50社!

初めての合同会社説明会で何かに目覚めた私

8割が「役に立った」と答えたインターンシップ

タダだから使い倒そう大学キャリアセンター

女性でも男性でも仕事ができれば問題なし

経済プレミア・トップページはこちら

内山勢

内山勢

毎日新聞編集委員

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊紙面の「キャンパる」編集長兼編集編成局編集委員兼「教育と新聞」推進本部委員。宇都宮大学客員教授。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…