スキル・キャリア思いを伝える技術

謝るなら書くより「いま、会いにゆきます」の鉄板

川井龍介 / ジャーナリスト

本来は目上の人が使う「ご苦労様」に“カチン”

 電機メーカーに勤めるSさんは、社内の他部署との販売促進イベントが終わったあと、急きょ報告書を作成せよと上司に言われ、他部署の上司格にあたる担当者Kさんに協力を求めるメールを急いで送りました。そのなかで「……ご苦労様でした……急きょ事業の報告書を作成することになりましたので、至急以下の要領でまとめて送ってください」と書きました。

 これを受け取った年配のKさんは、本来は目上の者が下の者に使う「ご苦労様」という言葉遣いにまず違和感…

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1358文字)

川井龍介

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。