くらし高齢化時代の相続税対策

生命保険金3億円取り分争いで遺族が出した結論は

広田龍介 / 税理士

 これまで、資産の組み替えや遺言書の作り方、財産の相続税評価額の計算方法など、相続にまつわる実務の数々を紹介してきた。今回以降改めて、相続をめぐる家族の壮絶な争いの実例を紹介したい。行き違いや準備不足で相続トラブルが起こり、家族の亀裂が深まるのを防ぐために、早めの生前対策が一番だと実感してほしいからだ。

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1241文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。