企業説明会で話を聞く学生たち
企業説明会で話を聞く学生たち

スキル・キャリアしゅーかつ日記

面接に進んでもう内定目前? 人生そんなに甘くない

内山勢 / 毎日新聞編集委員

2015年3月12日(木) SPI通っていた!!

 「I社のSPI(適性試験)通っていた! 絶対何かの勘違い(笑い)。SPIの勉強続けます」

 マスコミ全般を視野に入れて就活した小島舞子さん(22歳、首都圏中堅私大4年)。昨年の日記に、上がっては下がる就活の気分を率直につづっていた。

 気晴らしに、友だち2人とディズニーランドに行ったこと、通信系I社のことが頭から離れないこと、「SPIだめだったからしかたない」と開き直りつつ、望みも捨てていないこと−−。

 I社のSPIには落ちたかもしれないが、決意表明通りに毎日勉強を続けた。「久しぶり暇ぽよ。午後はSP…

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1447文字)

内山勢

内山勢

毎日新聞編集委員

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊紙面の「キャンパる」編集長兼編集編成局編集委員兼「教育と新聞」推進本部委員。宇都宮大学客員教授。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ベイルート港からレバノン山脈を望む。フェニキア語で白の意味の「レバン」からレバノンの名がついた。この山脈に降る雪を意味する(写真は筆者撮影)

レバノン首都ベイルート「中東のパリ」の今を見に行く

 ◇レバノン・ベイルート編(1) シリアとイスラエルという、ややこしい隣人に囲まれた小国・レバノン。1975年4月、東アジアでベト…

世界透視術
中国・北京の人民大会堂

中国富豪の転落死でネットに書かれた「七三死」の意味

 南仏プロバンスにある山村で7月3日、高さ10メートルほどの教会の石壁の上から中国人富豪が転落して死んだ。米誌「フォーチュン」の国…

職場のトラブルどう防ぐ?

「36協定」に署名を求められた32歳営業マンの不安

 A太さん(32)は、従業員数約20人の機械卸会社の営業マンです。2年ほど前に今の会社へ転職しました。職場の雰囲気にも慣れ、気持ち…

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…