演説中、右翼少年に短刀で刺された浅沼稲次郎・社会党委員長=東京・日比谷公会堂で1960年10月12日、長尾靖撮影
演説中、右翼少年に短刀で刺された浅沼稲次郎・社会党委員長=東京・日比谷公会堂で1960年10月12日、長尾靖撮影

社会・カルチャー青春小説の系譜

大江健三郎「セヴンティーン」こじらせ10代のパンク

鶴谷真 / 毎日新聞学芸部記者

 1960(昭和35)年10月12日午後3時ごろ、浅沼稲次郎・社会党委員長が、東京・日比谷公会堂で演説中に右翼の少年に刺殺された。聴衆約1000人の眼前の凶行だった。この年の6月15日には日米安全保障条約改定に反対する全学連主流派デモ隊が国会に突入し、東大生・樺(かんば)美智子さんが亡くなった。

 翌61年1月、文芸誌「文学界」に載ったのが大江健三郎さんの短編小説「セヴンティーン」である。<今日はおれの誕生日だった、おれは十七歳になった、セヴンティーンだ>。こう書き起こされる。

 主人公の「おれ」は<自瀆(じとく)の名手>を自認し、劣等感とないまぜの自意識が爆発せんばかりの高校…

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1876文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

鶴谷真

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
1月末に発売されるウイコウの「トミー3プラス」

仏でシェア2位「ウイコウ」1万4800円スマホの勝算

 フランスに本拠を置くスマホメーカー「ウイコウ(Wiko)」の日本法人が、1月末に新モデルの「トミー3プラス」を発売する。 トミー…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ最南端・アグラス岬に向かうオバーバーグ地方には、羊の牧場に菜の花畑が織り交ざる、美しい丘陵地が広がっていた(写真は筆者撮影)

ケープタウンからアフリカ最南端アグラスへ車を駆る

 ◇南アフリカ編(3) 聞いていたレベルまでの治安の悪さは感じなかったケープタウンのダウンタウンで、5日間の契約でレンタカーを借り…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…