くらし高齢化時代の相続税対策

母親に1億円借りた三男が自己破産をした理由

広田龍介 / 税理士

 東京都足立区の主婦Aさんは、夫と子供4人(長男・次男・長女・三男)の6人家族だった。家は古くからの地主で、夫は普通のサラリーマンとして会社に勤めていた。

 長男は友人と会社を作り、順調に経営。次男は一般企業で働いている。長女は公務員に嫁いで安定した生活を送り、三男は海外雑貨の輸入販売会社を経営していた。

 夫が亡くなったころ、順調だった三男の事業が傾いた。資金繰りに困り、金融機関の融資を受けてやりくりし…

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1621文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。