シリコンバレーの大手IT企業の社内保育所では子供の主体性を育む保育が盛んに行われている(画像はイメージです)
シリコンバレーの大手IT企業の社内保育所では子供の主体性を育む保育が盛んに行われている(画像はイメージです)

社会・カルチャー世界の乳幼児教育、行ってみたらこうだった!

子供の主体性を育む米大手IT企業保育所のすごさ

轟麻衣子 / 株式会社ポピンズ取締役

スタンフォード大学編(1)

 米国IT企業の一大拠点と言われるシリコンバレー。実在の地名ではありませんが、西海岸に面するカリフォルニア州サンフランシスコのベイエリア南部一帯を指し、その中心には世界的に有名なスタンフォード大学があります。実はこの一帯には、最先端の乳幼児教育を実践する保育園が多く存在します。また、スタンフォード大学心理学部では、子供のやる気に関する研究の世界的権威であるキャロル・ドゥエック教授を中心に、盛んな研究が行われています。

 私が取締役を務めるポピンズ(本社・東京都渋谷区)は毎年、ポピンズのナニー(子供のお世話をする育児や…

この記事は有料記事です。

残り2200文字(全文2473文字)

轟麻衣子

轟麻衣子

株式会社ポピンズ取締役

東京都生まれ。12歳で英国の名門寄宿舎学校に入学。1998年、ロンドン大学を卒業後、メリルリンチ(ロンドン)に入社。シャネル(パリ本社、日本支社)などを経て、INSEAD(フランスを拠点とするビジネススクール・経営大学院)でMBAを取得。その後、デビアス(ロンドン)で勤務後、2010年、ポピンズ顧問、12年から現職。2児の母親。