ワインと好相性の「フォアグラ餃子」(680円税別)
ワインと好相性の「フォアグラ餃子」(680円税別)

くらしこの酒場この一品

肉汁あふれるトリュフ餃子とワインの幸せな出会い

印束義則 / ライター

東京・神田神保町「餃子の花里(ケリ)」

 餃子(ギョーザ)とワインが好きだから、この二つを組み合わせた専門店を開業した−−そんなストレートな店主のこだわりが詰まったお店が、「餃子の花里(ケリ)」(東京都千代田区神田神保町、東京メトロ、都営地下鉄神保町駅徒歩3分)だ。店内のPOPには「美味(おい)しい餃子を求めて数百店舗を食べ歩き。日本だけでは飽き足らず台北の数ある餃子店を制覇した程」と、店主の餃子への思いがつづられている。

 店主の浦崎進一さんが餃子を好きになったきっかけは、母親が作る野菜メインの餃子ではない、肉々しい餃子…

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1600文字)

印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。