社会・カルチャーベストセラーを歩く

直木賞「つまをめとらば」が描く、女という現実

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 男は自意識にからめ捕られやすい。あれこれ考えて、身動きできなくなってしまう。自意識というのは底なし沼で、他者が見えなくなる。だから、何のために生きているのかわからなくなる。生き続ける意味を見失ってしまうのだ。

 一方、女はそんな男にとって、現実そのもののように姿を現す。生命力に満ちている。生き続けることは女にとっては大前提なので、何のために生きるのか、とはあまり悩まない。それよりも、いかに生きるのかという課題に取り組む。

 こんな図式を描いた古今東西の名作は枚挙にいとまがない。これは本当に正しいのだろうか。ある種の論者に…

この記事は有料記事です。

残り1412文字(全文1674文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ

楽天モバイル「スーパーホーダイ」リニューアルの中身

 個人向けの格安スマホでシェア1位の楽天モバイルが、新料金プランを発表した。データ通信や音声通話の定額プランがセットになった「スー…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
テロ事件の現場となった海岸沿いの遊歩道に供えられた花束(写真は筆者撮影)

テロの傷痕残る「ニース」国際観光地で知る社会の分断

 ◇モナコとニース編(3) 2017年5月。平和で賑やかなモナコ公国から、毎時2~3本あるフランス国鉄に乗って20分。ニースにやっ…

メディア万華鏡
批判を受けて撤去が決まった愛知県警の痴漢撲滅キャンペーン用ポスター=愛知県警提供

愛知「痴漢撲滅」ポスター撤去と安倍首相発言の道徳観

 あの人、逮捕されたらしいよーー愛知県警が痴漢撲滅を推進しようとして作製したポスターに対し、インターネットで「不適切だ」との書き込…

世界透視術
香港の繁華街で

香港「1国2制度」の風化と“天安門”を知らない世代

 6月4日、香港のビクトリア公園で「六四事件29周年」の追悼集会が開かれた。六四事件とは1989年、北京の天安門広場を占拠して民主…

職場のトラブルどう防ぐ?

塾講師アルバイトに「兼業禁止」の誓約書は有効か

 大学3年生のA太さん(21)は、この4月から個別指導塾の講師アルバイトを始めました。今後、就職活動や卒業論文の作成があり、短時間…