ネットから読み解く経済・社会

新興メディア・バズフィードは日本でもバズるのか

まつもとあつし・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
記者発表会に登壇したバズフィード・ジャパン創刊編集長の古田大輔氏
記者発表会に登壇したバズフィード・ジャパン創刊編集長の古田大輔氏

 今年1月に日本でも始まったちょっとユニークなニュースサービス「BuzzFeed(バズフィード)」を2回にわたって取り上げます。サービス発祥地である米国の他、英語圏を中心に11カ国でサイトを開設しており、月に2億人以上が閲覧する世界最大級のニュースサービスです。その特徴は、あらゆるソーシャルメディアに拡散するニュース(バズ)を提供(フィード)する点にあります。

この記事は有料記事です。

残り1837文字(全文2018文字)

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。