記者会見のあと報道陣に囲まれて苦笑いする鈴木敏文会長(右)=2016年4月7日、徳野仁子撮影
記者会見のあと報道陣に囲まれて苦笑いする鈴木敏文会長(右)=2016年4月7日、徳野仁子撮影

政治・経済セブン人事抗争の内幕

「91歳vs83歳」内紛で激震セブン&アイの暗雲

編集部

 セブン&アイ・ホールディングスには2人の創業者がいる。一人は、イトーヨーカ堂を創業した伊藤雅俊名誉会長(91)。伊藤氏はセブン&アイの大株主でもある。そしてもう一人、セブン-イレブンを創業した、鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83歳)だ。こちらは「雇われ経営者」と言える。

 イトーヨーカ堂とセブン-イレブンという、セブン&アイを日本一の小売業に引き上げた二つの車輪を、先頭に立って引っ張ってきた両者の確執が、いきなり表面化した。7日開かれた取締役会で、鈴木会長が提案したセブン-イレブン・ジャパン社長の退任案が否決され、鈴木会長が辞意を表明したのだ。伊藤名誉会長が、この人事案に反対したという。

 グループ売上高10兆円、国内店舗数約1万9000店の巨大小売業に成長したセブン&アイで、いったい何…

この記事は有料記事です。

残り2503文字(全文2854文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz