メルティンの筋電義手を構成するロボットハンド
メルティンの筋電義手を構成するロボットハンド

IT・テクノロジー躍動する科学ベンチャー

筋電技術で人は6本の腕を持つ「阿修羅」になれる

丸幸弘 / 株式会社リバネス最高経営責任者

対談:メルティン・伊藤、粕谷、關×リバネス・丸CEO(3)

 筋電技術を生かし、義手やリモコンなどを操作する仕組みの開発を進めるメルティンMMI。同社の技術でどんなことができるようになるのでしょうか。リバネスの丸幸弘・最高経営責任者(CEO)と、メルティンの伊藤寿美夫CEO、粕谷昌宏・取締役執行役員(COO)、關達也・取締役技術責任者(CTO)の4人が語り合いました。【進行・構成、サイエンスライター本丸諒】

動かなかった手や足が動くようになる!

 ──前回、寝たきりのALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の話が出ましたが、そういう人は生身の腕はあるものの、自分の意思では動かせない状態です。メルティンの筋電技術を応用して、生身の腕や手を動かす方法は考えられないのでしょうか?

メルティンMMIの粕谷昌宏COO
メルティンMMIの粕谷昌宏COO

 ◆メルティン・粕谷昌宏COO それは、私たちの目標の一つです。私たちは、今年10月開催の「サイバスロン」という国際競技大会に2種目で参加予定です。サイバスロンとは、いわば「サイボーグのオリンピック」。筋電義手部門と、FES(Functional Electrical Stimulation:機能的電気刺激)バイク部門にエントリーしました。

 このFESバイクが、いまの質問に関係します。FESバイクは、まひしていて自分自身では足を動かせない人が自転車に乗ってレースをする競技です。私たちは「筋電と逆のシステム」を利用して、FESバイクに参加します。

 筋電は、人の筋肉の生体信号を解析して義手(ロボットハンド)を動かします。そうではなく、コンピューター(機械)から人の筋肉に「足を動かせ」という電気刺激を送って、足を動かす発想です。

サイバスロンのFES(機能的電気刺激)バイク部門のリハーサルで実際に走らせたメルティンMMIの試作機=メルティンMMI提供
サイバスロンのFES(機能的電気刺激)バイク部門のリハーサルで実際に走らせたメルティンMMIの試作機=メルティンMMI提供

 ──動かないはずの手や足が動く、ということですか?

リバネスの丸幸弘CEO
リバネスの丸幸弘CEO

 ◆リバネス・丸幸弘CEO そうです。腕や足に筋肉が残っていて、それが骨とつながっていれば、「動かせ」という電気刺激を外部から与えることで、その筋肉を収縮させることができます。

 ◆メルティン・關達也CTO 身体が動かない理由はいろいろとあります。脳が損傷している場合でも、脊髄(せきずい)が切断された場合でも、筋肉はありますよね。その筋肉にコンピューターから指令を出し、本人の手や足を動かしていく技術です。

圧倒的な技術力で「サイバスロン」優勝を目指す

 ──「サイバスロン」は、パラリンピックとはどう違うのでしょうか。

 ◆粕谷 パラリンピックは、人の身体能力を競うのが基本です。モーターのようなものは使えません。サイバスロンは、機械やロボットなどの最新技術を使い、健常者を超えるレベルで競います。アニメの「攻殻機動隊」をイメージしてもらえばいいと思います。

 ◆メルティン・伊藤寿美夫CEO 全種目で50〜60チームほどが参加し、そのうち義手競技に18チームほどエントリーしています。

サイバスロンのリハーサルで走るメルティンのFES(機能的電気刺激)バイクの試作機
サイバスロンのリハーサルで走るメルティンのFES(機能的電気刺激)バイクの試作機

 ──優勝するための秘策があるのでしょうか。

 ◆粕谷 私たちが開発した自由自在に動く義手はこれまでなかったので、その技術こそが優勝を狙う秘策といえば秘策です。

メルティンMMIの伊藤寿美夫CEO
メルティンMMIの伊藤寿美夫CEO

 ◆伊藤 メルティンの義手は「ソフトにつかめる」のが最大の長所ですが、競技ではアダとなります。他チームの義手の多くは、握りつぶすように力が強く入るタイプ。握手などはできませんが、逆に重いものもガッチリと持てるメリットがあります。

 昨年、リハーサルがあったのですが、私たちは重いモノをつかんで移動させる競技が不得手でした。例えば、重さ約1キロの円すい形の物体をつかむのですが、生身の人間でも片手で持つのは難しい。力を入れにくいのです。ただ、その原因はわかっていますから、本番までに改良できると思います。

メルティンMMIの關達也CTO
メルティンMMIの關達也CTO

 ◆關 競技に勝つことだけが目的であれば、義手の指先を細工するといった選択肢もあります。海外チームには、フック船長のカギ爪みたいな義手を使っているケースもありましたが、当社としては、私たちの作った本来の筋電義手で勝ちたい。「圧倒的な技術力の高さで勝ちました!」と、正攻法で挑みたいと思います。

人間は本来、8本まで手を使える

 ◆丸 サイバスロンでは、100%優勝しかありません。ぜひ、日本の技術力を見せつけてもらいたい。一方で、他にも「健常者に3本目の手をつける」という試みもありますね。「人間とは、2本の手の生き物だ」と枠にはめて考えてしまいがちだけど、筋電義手を3本目、4本目の手として活用する。

 ◆粕谷 実際、学校の先生に3本目の腕をつけて、左手で教科書を持ちながら、右手で板書し、ロボットハンドで生徒を指さして当てる、といった使い方をしたことがあります。ハンダ付けの作業も試してみました。この場合、首の筋肉を利用して、自分の意思で3本目の手を動かして電気基板をつかみ、ハンダ付けのしやすいように基板の角度を調整するのです。

 ※学校の先生に3本目の腕の動画

 ※3本目の腕でハンダ付け作業の動画

 ──3本以上の手となると、それをどう動かせばいいのか困惑しそうです。

 ◆伊藤 大丈夫です。脳科学的には、人間は本来、8本まで手を使えるといわれていますから。危険を伴う作業などは、3本目のロボットハンドでやるのが安全です。

奈良市の興福寺の阿修羅立像
奈良市の興福寺の阿修羅立像

 ◆丸 ドラム奏者や大道芸人を見ると、手の8本くらい動かせそうです。国宝の仏像「阿修羅像」には手が6本ありますが、筋電技術があれば人もそれくらいの手を動かせるはず(笑い)。

3Dプリンターとスマホが義手のあり方を変えていく

 ──実際に、筋電義手を作る場合はどうするのでしょうか。

 ◆粕谷 義手として売り出す場合には、病院や義肢装具士を通じてでないと、現在は公的補助の対象になりません。義手の装着には、「ソケット」と呼ばれるカップのようなパーツが必要です。そのソケットが腕の断端に合うかどうかが、装着感や義手の安定性に大きく関わる。腕や足の先に硬い機械を固定するので、スキーのブーツのように合っていなければ靴ずれを起こしますよね。

 実際、単純に断端部の形を合わせるだけでなく、荷重をかけたときや手を曲げたときに痛くならないかどうかは、義肢装具士のノウハウなのです。ただ今後はある程度、3Dプリンターでソケットや義手を作れるようになると思います。

 ◆丸 3Dプリンターの登場は、義手の世界を大きく変える可能性があります。特に子供は体が急速に成長するので、たびたび義手のサイズや形を作り変える必要がある。3Dプリンターを使えば自宅で義手を作れ、スマートフォンで調整もできます。

 ──スマホで調整する、とはどういうことですか?

 ◆丸 前回、筋電義手を試した際、粕谷COOと關CTOとで「開く・閉じる」などを調整していました。それを自分のスマホで手軽に調整できるようになるのです。筋電義手の調整アプリをダウンロードすればできます。

 ──最終回は、メルティンの設立の経緯についてお聞かせください。

 <次回【(4)電気通信大発ベンチャーが夢見る「ロボット+医療」】>

経済プレミア・トップページはこちら

(1)生体信号で義手を動かす「筋電技術」のすごさ

(2)数分で動かせるようになる筋電義手のリアル感

台風で電気「垂直軸型マグナス風力発電」のすごさ

キャバクラから理研へ異色バイオベンチャー経営者

丸幸弘

丸幸弘

株式会社リバネス最高経営責任者

1978年神奈川県生まれ。東京大学大学院在学中の2002年6月にリバネスを設立。「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化した。大学や地域に眠る経営資源や技術を組み合せて新事業のタネを生み出し、200以上のプロジェクトを進行させている。著書『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)がある。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏

NISAに最初の「5年満期」更新しないと非課税消滅

 少額投資非課税制度(NISA)が初めての期間満了を迎える。一定の手続きによって、さらに5年間の非課税期間延長となるが、いま、証券…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…