熊本県西原村の避難所=2016年4月20日、久保玲撮影
熊本県西原村の避難所=2016年4月20日、久保玲撮影

IT・テクノロジーネットから読み解く経済・社会

熊本地震で出品急増「メルカリ」が支援サイトに?

まつもとあつし / ジャーナリスト

 熊本を中心とする地震で被災された皆さまにお見舞いを申し上げます。

 熊本地震が発生して以降、C2Cコマース(個人間商取引)サービス「メルカリ」に、被災地支援をうたったさまざまな「商品」が出品されています。単なるチャリティーとしての出品だけでなく、ちょっと不思議な出品も散見されます。その現状と背景を調べました。

この記事は有料記事です。

残り2425文字(全文2580文字)

まつもとあつし

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。