マネー・金融30歳ではじめる資産形成

株式投資は「会社の小さなオーナー」になること

横山邦男 / 前三井住友アセットマネジメント社長

株の知識(1)

 「投資」というと真っ先に株をイメージする人が多いのではないかと思います。では、そもそも株とは何なのでしょうか。また、価格が上下する仕組みはどうなっているのでしょうか。

 株式は、会社のオーナーになる権利を小さく分けたものと考えてください。したがって株式に投資することは、同時にその会社のオーナーとしての権利の一部を取得したのと同じ意味を持ちます。株式を保有している投資家のことを、「株主」といいます。

 では、株主になることで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1295文字)

横山邦男

横山邦男

前三井住友アセットマネジメント社長

東京大学卒、1981年に住友銀行(現三井住友銀行)入行。日本郵政専務執行役、三井住友銀行常務執行役員を歴任し、2014年4月から三井住友アセットマネジメント社長、16年6月から日本郵便社長。住友銀行とさくら銀行の合併によるメガバンク誕生の際に腕を振るった金融界のビッグネーム。著書に「今こそはじめる資産形成」(幻冬舎メディアコンサルティング)がある。